自己評価

ワークショップ課題ではオプションとして学生自身の課題を評価対象にすることができます。 例えば「学生の提出物に対する評価数」が5に設定された場合、それぞれの学生には6件(1件は自分 自身の課題)の評価を行うように求められます。

「学生の提出物に対する評価数」がゼロに設定されて、自己評価オプションがYesに設定された場合、 評価は自己採点評価になります。この設定は教師の決定により、教師の採点が行われたり、行われなかった りします。

全ヘルプファイルのインデックス