課題の再提出

教師が課題を評価した場合、学生が課題を再提できない状態が初期値として設定されています。

このオプションを選んだ場合は、学生は複数の提出物をこの課題に対して提出することができます。 これは教師が学生に対してオンライン学習を通して、より良い学習を行うよう勇気付ける意味で有用です。

提出物の評価は、課題が持っている評価数の基準に割当てられます。このように学生からの新しい提出物は相互評価の候補のようになります。 しかし、もし学生が数多くの課題を短時間で再提出した場合は、すべて同等に評価されます。最新の提出物に対して評価の優先権は与えられません。

学生の最終得点が計算される時は、提出物の最高得点が使用されます。 両方が利用可能な場合、最高得点は教師の評価と相互評価の 重みが加えられたコンビネーションを意味します。

全ヘルプファイルのインデックス