HTMLエディタの使用

このオプションが選択された場合、ページを編集する時にシンプルなテキストボックスの代わりにHTMLエディタ ( エディタと呼びます ) が表示されます。エディタを使用することで簡単にテキストの書式を整えたり、リンク等の「進んだ」機能を追加することができます。

エディタはエディタを使用の隣のチェックボックスをチェックすることで利用できるようになります。エディタは個々の項目ベースで関連付けられます。例えば、レスポンス 1項目でエディタ使用にすると、その項目のみでエディタが使用可になり、他のレスポンスボックスではエディタは使用可になりません

項目ページでエディタが必要な場合、最初にエディタの使用チェックボックスをチェックしてください。ページはエディタの使用を適用するために再表示されます。これはページ下部の再表示ボタンをクリックすることで行われます。

エディタの使用に際して配慮が必要ですので注意してください。多くの場合、エディタに関する問題は生じません。しかしながら、記述式および数値問題にはエディタの使用をお勧めしません。エディタでは、表示が正常に行われるか確かめなくても良いように、特別な「見えない」HTMLタグを追加することができます。更に、分岐表の説明は、ボタンに記述されますので、HTMLタグを含む場合、問題が生じます。複数選択問題等の答えの表示に関しては問題ありません。更に、レスポンス項目でのエディタの使用で問題を生じることはありません。

テキスト項目において問題が生じるようでしたら、エディタの使用を停止した方が安全です ( エディタの使用のチェックを外します )。 ページが再表示された場合、「生の」テキストがテキストボックスに表示されます。テキストは必要に応じて編集することができます。実際には、繰り返しエディタの使用・不使用を変更しても、項目のテキストの内容は変更されません

エディタの使用オプションの「状態」は項目ごとに保存されます。したがって、もしページが編集されても、エディタを使用する項目は再度エディタとともに表示されます。

最後に、ブラウザのリソースを使用する点において、エディタは極めて「費用のかかる」ツールです。もし、項目がエディタの使用を必要としない場合、標準的なテキストボックスを使用した方が、速く、リソースのトラブルを起こしにくい傾向があります。

全ヘルプファイルのインデックス