テキストフォーマット

Moodleでテキストを書く場合、あなたの経験とブラウザの種類によって、数種類のフォーマットを選択することができます。

通常この設定はそのままにしておいてください。あなたが意図したとおりに動作します。

1. Moodleオートフォーマット

    このフォーマットは、入力にリッチテキストHTMLエディタを使わずに、通常のウェブフォームを使う場合に最適です。メールを書く要領でテキストを入力してください。

    テキストを保存する場合、文字に対して多くの処理が自動的に行われます。

    例えば次のようなURLhttp://yahoo.comwww.yahoo.com はリンクに変更されます。

    改行は保持されて、空白行で次の文節を始めることができます。

    :-) のようなスマイリーは自動的に同等のイメージに置き換えられます。

    HTMLコードを埋め込むこともできます。HTMLコードはそのまま保持されます。

    Moodleオートフォーマットに関する詳細はこちら

2. HTMLフォーマット

    このフォーマットはテキストをHTMLだと判断します。あなたがテキストの編集にHTMLエディタを使っているのでしたら、これが標準的なフォーマットです。ツールバーの全てのコマンドはHTMLを作成するためのものです。

    あなたがリッチテキストHTMLエディタを使っていない場合でも、テキストの中にHTMLコードを使用することができます。あなたが意図したように表示させることが可能です。

    Moodleオートフォーマットと異なり、自動的なフォーマット処理は行われません。

    MoodleのHTMLに関する詳細はこちら

    リッチテキストHTMLエディタに関する詳細はこちら

3. プレインテキストフォーマット

    このフォーマットは多くのコードやHTMLを記述どおりに表示したい場合に便利です。

    スマイリーや線は変換されますが、あなたのテキストには変更が加えられません。

    4. マークダウンテキストフォーマット

      マークダウンフォーマットでは、メールを書く方法と同様の簡単な記述により、整えられたXHTMLページを作成します。

      多くのリンクや画像が含まれていない、見出しやリストだけのテキストページを記述する場合に最適です。

      マークダウンフォーマットに関する詳細はこちら

全ヘルプファイルのインデックス